2012.09.04

秋保温泉 MUSIC BAR

こんにちは、ホテル瑞鳳でございます。
 
先日、9月1日に秋保・里センターにて
「秋保温泉 MUSIC BAR vol.8」が開催されました。
 
「聴けます、飲めます、浸かれます」とグッとくるタイトルで
スタートしたMUSIC BARでしたが、たくさんのお客様に
ご来場いただきました。
 
9月8、9日と「THE JOZENJI STREETJAZZ FESTIVAL(JFS)」が
開催されますが、その前に、仙台・秋の音楽祭はここ“秋保温泉”
からスタートすることをみなさまご存知でしたでしょうか?
 
秋保温泉組合やJFS実行委員会が協力して開催されるこのイベント。
秋保の旅館の料理長さんが考案したカレーやその場で積み上げた
石釜で焼き上げる香ばしいPIZZAなど、秋保森のダイニングらしい
メニューが並びました。カクテルも秋保のオリジナルカクテルや
アサヒのエキストラコールドのキャラバンカーなども来てくれて
雰囲気は最高!!



美味しいお料理とドリンク、そして8バンドの素敵な音楽が流れれば、
そこはまさに大人が楽しむ“MUSIC BAR”でした。


アンコールの声なども飛び交い、お客様も大変ご満喫の様子でした。
音楽って本当にすばらしいですね!!
 
来週は、ジャズフェス本番です。ぜひ、仙台にお越しの際は、
街中で開催される音楽の演奏を楽しみ、秋保温泉にも足を伸ばしていただくと
うれしいです^^。

2012.08.28

和牛ステーキ&ずわい蟹フェア開催中

こんにちは、ホテル瑞鳳でございます。
 
今年も、暑い熱い夏休みが終了しました。
おかげさまで、今年の新プラン「バイキング オブ カリビアン」は
大変ご好評をいただき閉幕となりました。
バイキングレストランseasonsは「海賊船」をイメージした装飾で、
お子様からも「かっこいい~」と感嘆の声が聞けたり、
お料理の評価も大変高くほっといたしました。
その他、ビンゴや縁日、花火プレゼントなどイベントもたくさんあり
「楽しかったよ!」と何よりお子様に喜んでもらえたのがうれしかったです。
当館で、ご家族様の夏休みのよい思い出ができたのなら幸いでございます。

これから反省会をして、来年さらに楽しい企画を考えて参りたいと思います。
数ある宿の中から当館をご利用いただきました皆さま、
本当にありがとうございました。

 

続いて、本日からスタートいたしました、
特別謝恩企画「和牛ステーキ&ずわい蟹フェア」をご紹介いたします。
 
見てください、このステーキ。

これぞ、まさしく和牛ステーキ!!ドーンッ!!といった感じです。
夏休みにたくさんご利用いただきました謝恩企画として、
今日から9月2日までの1週間だけ催されるイベント
「和牛ステーキ&ずわい蟹フェア」。
お肉が登場した時に、社内からも「お~っ」というどよめきの声が湧きました。
それにしても、本当に見事なお肉。
ジュ~ッと音を立てて香ばしく焼き上がるお肉は柔らかいミディアムで。
ビールやワインがすすみます。

 

限定1週間の特別企画、ちょっと遅い夏休みをお過ごしの方に
ぜひ、瑞鳳で温泉&グルメをお楽しみ下さい!!詳しい内容はコチラ↓

 

和牛ステーキ&ずわい蟹フェアの詳細を見る

 

皆さまのお越しを心よりお待ちいたしております。

2012.08.17

2012年秋保温泉夏祭り!!

こんにちは、ホテル瑞鳳です。

 

夏休みも中盤も過ぎましたが、みなさま楽しんでいらっしゃいますか?
当館もおかげさまで、毎日たくさんのお客様にご利用いただいております。

 

館内もにぎやかなのですが、8/11,8/12と秋保温泉の真ん中
「秋保・里センター」にて「2012 秋保温泉夏祭り」が開催され、
暑い暑い夜のイベントが繰り広げられました。

 

やぐらをドーンと組んで、「秋保音頭で盆踊り」を踊ったり、
「ゲーム大会」では「せんこう花火大会」や「カキ氷早食い選手権大会」、
「打ち上げ花火」や「大抽選会」など、内容はもりもりだくさん!!
8/11には、奥州仙台おもてなし集団「伊達武将隊」も来てくれました!!
イケメン揃いの彼ら、秋保の夜を盛り上げてくれました!!

これは、秋保温泉旅館組合が中心となり開催されたお祭りですが、
今年は当館も屋台に出店し「たこ焼き」当番となりました。
張り切って美味しい「たこ焼き」を作ろうと打合せは盛り上がりましたが、
さて、誰が焼く?となったときに、全館満室の日だったので、
もちろん調理担当の者は誰もお祭りに行けません。他のスタッフたちも
現場が忙しく、「たこ焼き」どころではありません。
 
そこで、当館の安齋総支配人が予約課長と総務担当者を連れて自ら
“焼き”に行ったのでした。ところが、すごい人の行列でちょっと準備の
お手伝いに行ったフロント課長と営業係長もとても帰れる雰囲気ではなく
そのまま巻き込まれみんなで「たこ焼き」を作ることになったのです。

どうせやるなら楽しく本気でこだわりを持ってやられる安齋総支配人ですが、
本気で「たこ焼き」を作る背中を見せてくれたのでした^^;。
 
帰ってきたみなさんは、汗だくで油くさ~くなってましたが、
そこには労働後のさわやかな笑顔がありました。
 
来年は、もっと美味しいたこ焼き(?)を作ろうとあーだこーだと
反省会をして、暑い夏祭りの夜は終ったのでした。